2014年12月30日火曜日

無料で確実に DL を増やす方法(Android-App)

私は今まで 100% の確率で自作アプリのダウンロードを増やす方法など知りませんでした。 そりゃあ知り合いや友達に頼む、っていう方法もありますが、どっちかっていうとみんな i-phone だしね。 もっと匿名性が高くて、もちろんお金も手間ヒマもかからない方法ですよ、欲しいのは。 今回は前回の続きなので、「App Promotion という手段」 を読まれていない方はご一読ください。

↑ App Promotion 経由でダウンロードしたアプリは上図のように一覧表が作成されます。48時間経過まであとどれくらいなのかまで教えてくれます。48時間キープしたアプリがある場合、Claim Credits のボタンを押すと Claimed Apps の方にアプリが流れていきます(下図)。 この際に、一作品につきクレジットが +1 されます。 つまり、ダウンロードしてワンクレジット、48時間経過処理でワンクレジット、一つのアプリを DL することによってツークレジット稼げる模様です。

きれい事だけではやっていけない、と思うわけです。世の中は器用に、手際良く、効率的に生きていかないと。 やっちゃいけないとされることはやらないけれど、逆にやってはいけないこと以外はガンガンやっていかないと。 意地やポリシーなんかズバッと捨てて、目の前に転がっている1DLを拾うのさ。 だから、今日より明日より順位が欲しい。夢より新着の順位が欲しい、すべてが…。 オレもつまらない大人になったさ。 昔はマーケットもまだ牧歌的でさ、2012年の記事なんか見たら、既存のものに乗っかるという商法 …アイデア一発10万DLみたいなところはあったけれど、今やもう、そういう可能性は毛ほども残されていないんじゃないのかなあ。企業やセミプロに研究されまくってて、個人開発者がノリだけでウマウマっていう隙間? それはもう無かろうよ。まあ、ジャグラーンプというアプリは当局から消されたみたいですけども。

ついでに、たくさんのアプリ(主に洋物で個人開発っぽいもの)を大量にダウンロードしてみたので総論を。 DL以前の印象としてアイコンですが、シンプルすぎて興味を引かれないものが多い。 ネームバリューと技術力のある大御所以外は、シンプルアイコン(道路標識みたいなやつ)はやっちゃいけないような気がする。 で、無駄に容量が大きい。これは Unity を使っているパターンが多いためだろうが、見栄えやボリュームに反して20や30MBあたりまえの風潮。 次にパズルゲームが多い。作るのが簡単だからだろうか? アクションものも多いが、開始5秒で死ぬようなのが多い。 この辺の不親切さ、突き放した感じはさすがアメリカライク。 無料しかなかったけど、インタースティシャル広告(全画面のやつ)が多い、うっとおしい。 総じてクソゲーとしか言えないものが多かったです、ごめんなさい。

やっぱり国産が面白いですかねえ。上の画像はSYUPRO-DXさんの「奴は四天王の中で最も金持ち」。 ちなみにクリア時の最終メンバーはグランノンサクセス、ゆけむりケー、むかいぞうにんげんラブアンドピース、じゅうしょふていカグラザカ。 技の名前が面白い、っていうのが本作のウリの一つなんですが、日本人が日本人向けに作っているわけです、当然のことながら。 ひみつのオンステージ、はかいのてんねんおんせん、ジェラシーマジックエステ、うそでぬりかためたセキュリティガード、とか面白いですよね。 言葉遊びみたいなのは、英語化して海外の人に楽しんでもらうわけにはいかないっすよね。 ちなみに主人公ノンサクセスは、防御ばっかりあがって使えないキャラでした(上から83,146,61,91,60)。 一応回復担当なのですが、回復係は素早さが高い方がよいのですけどね、見事に素早さもダメっぷりをみせて最悪でした。 他の3人のメンバーはリストラとスカウトを繰り返して厳選されてきたというのに、できることならば主人公をまっさきにリストラしたかった。 この辺の個人的な展開も含めて楽しいアプリでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿